MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

臨床研究法施行から1年、早くも見直し議論。自民・小委、まずは実態や課題を把握

臨床研究法施行から1年、早くも見直し議論。自民・小委、まずは実態や課題を把握 自民党の科学技術・イノベーション戦略調査会・医療分野の研究に関する小委員会は14日、非公開で会合を開き、昨年4月に施行された臨床研究法の見直しに向けた議論を行った。この日の会合では、大学・医療関係者から法施行後の実態や課題について意見を聞いた。今後議論を深める。古川俊治委員長(参院議員)は冒頭の挨拶で「(臨床研究法の影響で)臨床研究は10分の1に落ち込んでいる。由々しきことだ。(まずは)実情を把握したい」と語った。

ここまで厳しくなると、臨床研究で行うよりも、臨床試験で行ったほうがルールも決まっていていいような気がします。
臨床研究が10分の1にまで落ち込んでいるのは驚きです。
臨床研究で商売している会社は大変かもしれません。 https://nk.jiho.jp/article/141902

サイト内検索