MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

「MRとしての商品価値を見定めておこう」(MR経験者)

「MRとしての商品価値を見定めておこう」(MR経験者) 転職をするのはより高い専門知識や能力を身に付けるだけでなく、今以上の高い職位を得て、それに見合った収入を得るためです。つまりキャリアアップが目的になるわけです。
そのためには、現在の自分自身の能力はどの程度のものであるか、また、その能力は転職先にとってどのようなメリットがあり、魅力的な人材と映るかどうかが大事だと言えます。
自身の能力を把握できていないままでは、転職先にアピールすることもできませんし、転職が成功する確率も低くなってしまいます。
MRとして自身の価値をしっかりと見定めることができれば、その価値を求めている転職先に対する最大限のアピールになり、転職も成功につながっていくでしょう。
では、MRとしての商品価値とはどんなことで、転職先は何を基準に判断しているのでしょう。

「営業戦略が構築でき、それに従って行動できるか」

MRは売り上げ目標に対して積極的に、スピーディーに取り組まなくてはいけませんが、目標を達成するためにどのような戦略を立て、具体的戦術はどうすべきかを自ら構築できるか、そしてそれが結果に結びついてきたかどうかは、転職先企業にとっては重要な判断基準となってきます。転職すれば当然のことながら営業すべき製品ラインナップは変わってきます。その際、戦略をスムーズに構築でき、なおかつそれに沿って活動できる人なら早く結果を出せるはずと考えるからです。
また、この一連の流れを自身が意識してできているかによって、転職先へのアピール力や説得力が変わってきます。転職を考える場合は、日頃からこの戦略的な思考と行動ができているかどうかを意識しておきましょう。

どのような実績があるのか
総売り上げ額がどれ程伸びたのかだけでなく、製品・病院・診療科のジャンル別の新製品導入率や新たに開拓できた医師数など、自己の実績をしっかりと分析すれば、現在のMRとしての能力を自分自身である程度把握することができます。これによって得意な営業戦術も見えてきます。
例えば、新規開拓が得意だったため、開拓で総売り上げ額を拡大していたとか、既存得意先に深く入り込むことが得意だったので、特定の病院で売り上げを拡大させていた等の実績を把握する事が出来ます。
転職の際には、MRとしての営業能力がどういうものなのかを転職先企業のMR採用担当者は把握しようとします。
自己分析できていないMRを転職先企業のMR採用担当者はどのように受け止めるでしょうか。先に記述した戦略的な思考ができないとも取られかねません。
実績をどのように積み重ねてきたのかを明確にできなければ、転職先企業のMR採用担当者にも伝わらないのです。
生かせる人脈を持っているか
MRの仕事に真剣に取り組んでいれば、仲の良い、信頼してくれる医師ができてくるはずです。
どんな人脈を、何人ぐらい持っていて、その人脈が仕事に活かせるかどうかはMR個人の財産とも言える大事な部分です。その人脈作りのノウハウを転職先でも生かすことができれば、すぐに売り上げにつながる可能性も見えてきます。
転職すれば、担当エリアが以前とは変わってしまう場合もあるでしょう。今まで築いた人脈をそのまま生かすことはできないかもしれませんが、そのノウハウをしっかりと持っている人材は、転職先企業のMR採用担当者にとっては非常に魅力的に映ります。
部下をまとめていけるか
MRとして数年経ってくるとある程度のポジションが与えられることもあるでしょう。転職を考えている人がある程度の年齢ならば、転職先でも同じようなポジションを考えるはずです。応募者がグループをまとめて束ねられる人物かどうかは、非常に重要になってきます。
MR個人としての戦略的思考や実績、人脈などだけでなく、組織を任せられる人物かどうかも判断材料になるということです。
そのためにも、任せられていたグループをどのようにまとめ、実績を達成していたかの方針や方法論が問われることになります。
このことを自身でしっかりと意識できていれば、転職先企業のMR採用担当者にとってあなたは魅力的なMRに見えるでしょう。
新しい学術的知識を積極的に学べるか
MRとして転職すると、今までとは違う医薬品の知識を学ばなければいけない環境になる事もあります。 転職先が、今まで勤務していた会社の製品ラインアップと全く同じラインナップというケースは少ないので、その場合は新たな製品教育を受けなければいけません。
例えば、今まで循環器関連の医薬品が多かったメーカーから、消化器関連の医薬品が多いメーカーに転職すると、学ばなければいけないことも多いでしょう。
新しい医薬品に関する知識を学ぶことに積極的になれるかどうかも、転職先にとっては重要な課題ではないでしょうか。

上記したことは、今現在のあなた自身が、MRとしての完成度をしっかりと把握するために必要  な項目です。転職でスキルアップするということは、すなわち今まで身に付けた能力をベースにして更に高みを目指すということです。
今の能力を把握してアピールできれば、転職先から魅力的に映ることになり、転職は成功につながっていくでしょう。

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。