MRのためのニュース・求人情報サイト

しょうゆに並ぶ「第2の柱」へ ヤマサが医薬品に乗り出したきっかけ

空に向かってそびえる煙突、巨大な貯蔵タンクが並ぶ千葉県銚子市の「ヤマサ醬油(しょうゆ)」の製造工場。大豆や小麦、しょうゆの香りが漂う一角でいま、新たな製造棟の建設が進む。  3階建て、延べ床面積約1500平方メートル。約30億円をかけ、今夏に稼働を始めるこの工場で造られるのは、しょうゆではない。医薬品の有効成分となる原薬だ。その一つが、難病治療への効果が期待される「核酸医薬品」向け。次世代の医療を支える分野として、世界中で新薬開発が活発になってきている。  「製薬会社が求める原薬を提供できれば、新たな抗がん剤などの開発が進んでゆく」。医薬・化成品事業部長も兼ねる常務の野口利忠(63)は期待する。国内だけでなく、すでに海外の製薬会社へも提供しており、今後の需要拡大を見込んでの新棟建設となった。  江戸時代初期の1645年に創業したしょうゆメーカーが、医薬品分野に取り組み始めたルーツは、1950年代にまでさかのぼる。きっかけは、一人の研究者の「うまみ」の成分分析だった。

続きを読む

Uber Eatsで「クスリのアオキ」から一般用医薬品が注文可能に

ウーバージャパンは、フードデリバリーサービスの「Uber Eats」において一般用医薬品の取り扱いを開始した。  利用できるのは石川県を中心に関東、中部、近畿で33店舗を展開する「クスリのアオキ」。風邪薬や頭痛薬、胃腸薬など180種類以上の第2類医薬品と第3類医薬品をUber Eatsから注文できるようになった。  同店ではこのほかにも、冷凍食品や日用品、アルコール類などさまざまな商品を取り扱う。

続きを読む

マイクロソフト、医療分野の「覇権」へ攻勢

テクノロジー大手の米マイクロソフトが医療分野で存在感を増している。 昨年は医療向けAI(人工知能)や音声認識技術を手がける米ニュアンス・コミュニケーションズを買収したほか、ドラッグストア運営や薬剤給付管理で大手の米CVSヘルスとも提携。自社のクラウドプラットフォーム「Azure(アジュール)」の医療向けサービスなどにも巨額の投資をしている。今後はMR(複合現実)技術についても医療分野への応用をさらに進めていく見通しだ。 マイクロソフトは昨年12月、「パーソナライズ(個別化)されたケアを再構想し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる」としてCVSヘルスとの提携を発表。CVSヘルスでデータ駆動形のパーソナライズされた顧客体験を促進することや、クラウドの「Azure Cognitive Services」などを活用して業務のデジタル化をさらに進めることを協業の目標に掲げた。 マイクロソフトは医療分野でもすでに強力な勢力になっている。そもそも今回のような提携が可能になったのも、マイクロソフトがここ数年、医療関連のサービスや事業の拡大に力を入れてきたからだ。Azureの医療向けサービス「Azure Service Health」などへの投資に加え、3Dキャプチャーを用いて仮想現実空間に実物のようなイメージを映し出す「ホロポーテーション」と呼ばれる技術、医療用MRといった分野にも進出している。 マイクロソフトのAzureは医療インフラとして世界的に高い評価を得ており、大手医療機関に最先端の技術サービスやデータサービスを提供している。また、臨床医学分野への進出も注目に値する。昨年4月に発表された197億ドル(約2兆2800億円)でのニュアンス買収は、臨床診療を補強する手段としてAIを活用するという同社の取り組みを再確認するものだった。 マイクロソフトによるMR機器の研究開発も、急成長しているエコシステムである「メタバース」内での医療への応用を見据えた有望な取り組みと言えるだろう。 記事全文は以下リンクから。

続きを読む

患者との会話、自動で電子カルテ化 AI活用、マスク越し早口でも音声認識

医療機関向けの電子システム開発を手掛けるベンチャー企業のkanata(東京都中央区)は、音声認識技術や人工知能(AI)で電子カルテの作成を省力化する診察支援システム「kanaVO」を開発した。来年1月にも販売を始める。一般的に医師は電子カルテ作成に1日2時間以上を費やしており、これが長時間労働の要因となっている。診察支援システムの導入を働き掛け医療機関の〝働き方改革〟を後押しする。 「kanaVO」は、パソコンやスマートフォンなどで利用できるクラウドサービスとして提供する。診察時の医師と患者の会話をマイク機能で音声認識した上で文書化する。さらに、独自開発したAIを使ってこの文書から雑談を省き、体温や血圧、病名など医療に関する部分を抽出して要約文書を作成。医師はこれをコピーして電子カルテに貼り付けるだけで、入力作業が完了する。

続きを読む

ヘルスケア分野向けAIの市場規模、2027年には674億米ドル到達予測

プレスリリース配信元:株式会社グローバルインフォメーション 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヘルスケア部門向けAIの世界市場 (~2027年):提供区分 (ハードウェア・ソフトウェア・サービス)・技術 (機械学習・NLP・コンテキストアウェアコンピューティング・コンピュータービジョン)・用途・エンドユーザー・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を12月27日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1035330-artificial-intelligence-healthcare-market-by.html ヘルスケア分野向けAIの市場規模は、2021年の69億米ドルからCAGR46.2%で成長し、2027年には674億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因としては、大規模で複雑なヘルスケアデータセットの市場流入、ヘルスケアコスト削減の必要性の高まり、コンピューティングパワーの向上とハードウェアコストの低下、ヘルスケア分野でのパートナーシップやコラボレーションの増加、医療従事者と患者の不均衡による即興の医療サービスへのニーズなどが挙げられます。さらに、高齢者ケアのためのAIベースのツールの可能性や、人間を意識したAIシステムの開発に注目が集まっていること、COVID-19と戦うためのゲノミクス、創薬、画像・診断におけるAI技術の可能性などが、ヘルスケア分野のAI市場に成長の機会をもたらしています。

続きを読む

サイト内検索