MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【2021年7月20日】サノフィ 免疫調節薬プラケニル 旭化成ファーマに販売権移管 10月1日付

サノフィと旭化成ファーマは7月19日、サノフィの免疫調節薬プラケニル錠200mg(一般名:ヒドロキシクロロキン硫酸塩)について、日本での販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。契約に伴い、旭化成に10月1日付で販売権を移管する。製造販売承認は引き続きサノフィが保持するとともに製造も行う。 同剤は現在、皮膚エリテマトーデス(CLE)と全身性エリテマトーデス(SLE)を適応とする。同剤は4‐アミノキノリン類に属し、主な作用として抗炎症作用、免疫調節作用、抗マラリア作用を有する。同剤は欧米を含む70か国以上で承認されており、CLEとSLEの標準的治療に位置付けられている。

続きを読む

【2021年7月20日】骨代謝・骨粗鬆症学会 エルデカルシトール供給不足で骨粗患者へのアルファカルシドール切替え避ける

日本骨代謝学会、日本骨粗鬆症学会は7月19日、「エルデカルシトールおよびアルファカルシドール供給不足に伴う骨粗鬆症患者への対応に関する提言」を公表した。学会は、エルデカルシトールおよびアルファカルシドールの供給が不足する事態となっていることを問題視。その上で、「エルデカルシトール供給不足の代替策として、骨粗鬆症患者への処方をアルファカルシドールに切り替えることは避けるべき」と強調した。さらに、新規に骨粗鬆症治療を開始する場合も、エルデカルシトールおよびアルファカルシドールの使用を控えるよう呼びかけた。 ◎副甲状腺機能低下症、くる病・骨軟化症等に使用するアルファカルシドールの供給確保へ 活性型ビタミンD3製剤の出荷調整の拡大は、医療現場にも大きな影響を与えている。骨代謝学会など2学会の提言では、「アルファカルシドールは副甲状腺機能低下症や腎不全に伴う続発性副甲状腺機能亢進症、くる病・骨軟化症患者において必要度の極めて高い薬剤である」と指摘。これらの疾患の患者に対するアルファカルシドールの供給を確保するために最大限の努力を払うことが必要となります。したがって、エルデカルシトール供給不足の代替策として、骨粗鬆症患者への処方をアルファカルシドールに切り替えることは避けるべきであると考えると強調している。 ◎供給回復までの対応策 他剤併用の場合は「一旦休薬も」 エルデカルシトールおよびアルファカルシドールの供給が回復するまでの間の対応策も示した。具体的には、①エルデカルシトールをアルファカルシドールに変更することは避ける、②新規に骨粗鬆症治療を開始する場合は、エルデカルシトールやアルファカルシドールは 避ける、③アルファカルシドールもしくはエルデカルシトールを他の薬剤と併用している場合は、必要性を検討し、短期間休薬できるようであれば一旦休薬する、④デノスマブと併用の場合は、可能であればエルデカルシトールやアルファカルシドールをデノタスに変更する、⑤エルデカルシトールやアルファカルシドールを単剤で処方の場合は、他の薬剤への変更 を検討する。なお、骨粗鬆症治療は中断しないことが望ましい、⑥ビタミンD不足・欠乏に対しては、サプリメントとして天然型ビタミンDの補充を考慮する、⑦アルファカルシドールもしくはエルデカルシトールを処方する場合は、できる限り長期処方を避ける(30 日処方までとする)-をあげた。

続きを読む

【2021年7月20日】【あゆみ製薬】「営業革命」取り組み加速‐草野社長、女性活躍推進などに意欲

あゆみ製薬の新社長に就任した草野弘子氏は、本紙の取材に応じ、これまで進めてきたリモート化をさらに推進していくことで、MRや支店の「営業革命」の取り組みを加速させたい考えを明らかにした。草野氏は、「あゆみ製薬の伝統は守りつつ、新しい風を吹かせられるよう気負わずにいきたい」と語り、特に女性活躍推進やSDGs・ESG経営への取り組みに意欲を示した。  同社は、リウマチ・整形領域に特化したスペシャリティファーマで、解熱鎮痛薬「カロナール」や関節リウマチ治療薬のバイオ後続品「エタネルセプトBS」を事業の柱に位置づけている。2019年に米投資ファンドのブラックストーン・グループが株主となり、数年以内の新規株式公開(IPO)を目指している。

続きを読む

【2021年7月20日】【薬事日報調査】役員報酬1億円以上は55人‐トップ3、武田で変わらず

製薬企業、ドラッグストアなど薬業界の上場企業で1億円以上の報酬を得ている役員の数は55人に上ることが、本紙の調べで分かった。最も多額の報酬を得ていたのは武田薬品のクリストフ・ウェバー社長で、1年前の前回調査時と同様にトップ3を同社の外国人役員が独占していた。高額報酬で注目され続けた三津原博氏(日本調剤前社長)は2019年6月に取締役を退任し、今回のランキングから姿を消した。 ベンチャー企業で増加傾向  3月期決算の企業のうち、トップのクリストフ・ウェバー氏は前年から1億9900万円減の18億7400万円となった。2位はアンドリュー・プランプ氏で1億3500万円減の9億1100万円、3位はコンスタンティン・サルウコス氏で3800万円減の6億2600万円だった。報酬額を減らしたものの、武田の外国人役員がトップ3を独占した。代表権のある取締役の岩崎真人氏が2億8900万円で7位に入り、上位10人のうち4人が武田の役員となった。

続きを読む

【2021年】7月20日薬剤費適正化へ、財政中立・総枠抑制を  財務省・一松主計官、実現までは毎年改定・再算定を徹底

財務省主計局の一松旬主計官(厚生労働係第1担当)は日刊薬業の取材に応じ、保険適用された医薬品に対する財政規律を抜本的に見直し、薬剤費の適正化を図る必要があると訴えた。承認品目が事実上全て収載されてい...

続きを読む

サイト内検索