MRのためのニュース・求人情報サイト

MR認定センター 医師、薬剤師の5割「MR面会に明確な価値あり」 情報提供「適切、正確、簡潔」を求む

MR認定センターは8月24日開催のMRフォーラム2022に「MR実態調査(医師・薬剤師編)」の概要を報告した。「MRと面会する価値があると思うか」との問いに、医師の53%、薬剤師の47%(非常に価値があるとの回答含む)が明確な価値を見出していた。価値ある面談の中身は「情報提供」がともに4割を占め、その内訳は、「適切かつ、正確で、簡潔な情報提供」をMRに求めた。未処方薬剤で「最も頼りにする情報源」では、医師、薬剤師ともに1位はMR、2位は研究会・講演会だった。同設問を2012年実施の調査結果と比較すると、1位のMRは変わらないものの、インターネットが5位から3位にランクアップしていることも分かった。 調査は、今年2月(回収期間:2月21日~28日)にインテージヘルスケアのパネルを用いてWebで全国の医師・薬剤師に調査した。回答数は医師2084(HP=1326、GP=758)、薬剤師624(病院薬局=88、保険調剤薬局=536)。調査ボリュームは37問だった。 ◎「価値ある面談のMRの態度行動」の第1位は情報提供 医師、薬剤師がMRとの面会に価値を見出しているかとの設問に対し、医師(n=2070)は「非常に価値がある」が17%、「価値がある」が36%となり、56%の医師がMR面談を肯定的に受け止めていた。ただ、「やや価値がある」が39%、「価値がない」との回答も8%あった。薬剤師(n=618)は、「非常に価値がある」が9%、「価値がある」が38%で、47%の薬剤師は肯定的だった。一方で、「やや価値がある」は48%、「価値がない」は5%あった。 製品の採用や処方(調剤)時における「価値ある面談のMRの態度行動」(複数回答)について聞いたところ、第1位は「情報提供」で、44%の医師、40%の薬剤師が回答した。第2位は「迅速対応」で、15%の医師、14%の薬剤師が回答しており、1位と2位の間に大きな開きがある。「情報提供」における価値ある面談の理由について聞いたところ、①適切な情報、②正確な情報、③簡潔な情報-という3つのポイントを兼ね備えることが重要視された。 ◎処方未経験の薬剤で「MRから得たい情報」 1位は「製品名、効能効果、用法用量など」 処方未経験の薬剤について「MRから得たい情報」(複数回答)を聞いた。回答の多かったカテゴリーは製品の基本情報に関するもの。内訳をみると、1位は「製品名、効能効果、用法用量など」で医師、薬剤師ともに69%、2位は「禁忌・慎重投与、使用上の注意などの適正使用情報」で57%の医師、56%の薬剤師が回答した。次いで3位には「作用機序、薬物動態など製品の特徴を示す情報」がランクされている。このほかプロモーション情報に区分された「他剤との違い」については、41%の医師、56%の薬剤師が回答していた。 ◎処方したことの無い薬剤で「最も頼りにする情報源」 1位MR、2位研究会・講演会 いままで処方したことの無い薬剤について、「最も頼りにする情報源」についても回答を求めた。医師の回答をみると、1位は「MR」(30%)、2位「研究会・講演会」(18%)、3位「インターネット」(15%)、4位「医学書・専門書」(10%)、5位は「添付文書」と「指導医・同僚医師」(ともに7%)が同率で並んだ。同設問を2012年調査の結果と比較すると、12年調査で5位にランクされた「インターネット」が、コロナ禍の影響などを受けて3位にランクアップしていることが分かり、10年前のリアル主体の情報提供活動から、Webメディアを駆使したオムニチャネル型のMR活動にシフトしていることを垣間見ることもできた。

続きを読む

CP阻害剤併用の選択肢拡大、がん治療変革へ  BMSが“第3の製品”を開発、日本でも

ブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)が抗PD-1抗体「オプジーボ」や抗CTLA-4抗体「ヤーボイ」に続く第3の免疫チェックポイント(CP)阻害剤として、抗LAG-3抗体リラトリマブ(一般名、開

続きを読む

CureApp 高血圧治療補助アプリ 9月1日から販売開始

医療系スタートアップのCureAppは、世界初の高血圧治療補助アプリが9月1日付で保険適用されることに合わせ、同日から同アプリの販売を開始する。 同アプリは「成人の本態性高血圧症の治療補助」を使用目的とし、患者のスマートフォンに同アプリをダウンロードして、医師の「処方」(処方コードの発行)により使用する。患者が毎日入力する運動・食事などの情報や血圧値を、アプリに埋め込んだ独自アルゴリズムで解析し、患者個々に最適と思われる生活習慣改善のための減塩や運動、睡眠などの情報をアプリに配信。これにより患者の行動変容を促し、生活習慣を改善して降圧効果を発揮する。

続きを読む

乳がん領域の企業認知度、信頼・評価とも中外製薬が第1位 評価向上の打ち手は「個別化医療の促進」

エムスリーが医師を対象に行った「企業ブランド評価(乳がん領域)」によると、企業認知度、信頼・評価ともに第1位は中外製薬が輝いた。この領域では競合他社に対し、一歩抜け出た感じ。企業認知度の第2位には小野薬品が、企業信頼度の第2位にはファイザーがランクされた。中外製薬の信頼度の要因分析では、①優れた医薬品、②研究開発力、③製造・生産、④企業の安定性、⑤情報提供、⑥デジタル化、⑦コンプライアンス、⑧医療・社会貢献-の8項目のうち、6項目でトップを獲得した。一方で企業評価を向上させる「打ち手」では、「個別化医療の促進」や「医師に対する生涯学習の支援」が上位にランクされた。 ◎「認知度」2位は小野薬品、「信頼・評価」2位はファイザー 調査は、エムスリーの会員制サイト「m3.com」に登録する医師パネルを使って行った。乳がん領域に関しては乳がん患者を診ている医師342人から回答を得た。医師の回答した企業認知度の第1位は中外製薬で、「がん・がん関連疾患領域に注力していることを知っている」との回答は63.2%となった。上位ランク企業をみると、第2位は小野薬品、第3位は大鵬薬品、第4位は日本イーライリリー、第5位はアストラゼネカ、第6位はファイザー、武田薬品の2社が同率で並んだ。なお、企業認知度ランキングには合計36社がランクされた。 一方、企業の信頼・評価の第1位はこちらも中外製薬で、「とても信頼・評価している」と「信頼・評価している」をあわせて50.6%の医師が回答した。第2位はファイザーで44.7%、 第3位は日本イーライリリーで44.4%、第4位は武田薬品で44.2%、第5位は大鵬薬品と小野薬品でともに43.6%だった。 ◎中外製薬「医薬品が優れる」、「研究開発力が高い」との印象 ランキング上位6社について信頼度の要因分析を行った。第1位の中外製薬は、「医薬品が優れている・高品質である」と「研究開発力が高い(新薬開発力、新技術導入の実績等)」、「情報提供が適切である(質・量・タイミング等)が2位以下の企業を大きく引き離している。 一方で「情報提供や先生方とのコミュニケーションなどデジタル化を推進・実現している」はファイザーが第1位となり、中外製薬が2位にランクされた。情報提供のデジタル化で定評のあるファイザーだけに存在感を発揮した格好だ。また「コンプライアンス遵守の意識が高い」との項目では第1位が武田薬品となり、中外製薬が2位にランクされた。この項目における武田薬品と中外製薬との差は、わずか0.3ポイント。上位ランク企業がすべて僅差となるなど、各社ともコンプライアンス意識については高い水準を維持しているものと推察された。 ◎「デジタル化推進・実現」は上位と中位で僅差 企業信頼度の要因分析をトップの中外製薬と信頼度7位~ 20位企業の平均値と比較した。その結果、中外製薬との差が大きく開いた項目は、「医薬品が優れている・高品質である」や「研究開発力が高い」との項目。逆に差に開きの無かった項目としては、「情報提供や先生方とのコミュニケーションなど、デジタル化を推進・実現している」や「コンプライアンス遵守の意識が高い」などとなった。

続きを読む

新薬開発促進へオーファン指定を拡充  医薬局・23年度概算要求、PMDAのリソース充実で

厚生労働省は、新たに希少疾病用医薬品の指定の拡充に取り組む方針を固めた。欧米と比べて少ない国内の指定を増やし、アンメットニーズに対する新薬の開発を促す。指定は助成金の交付や優先審査など開発インセンテ...

続きを読む

サイト内検索