MRのためのニュース・求人情報サイト

塩野義、医薬営業本部を再編

塩野義製薬は10月1日付で医薬営業本部の再編を行う。 医薬営業統括部を4つに再編(北海道・東北・北関東・甲信越、南関東・東京開診、近畿・東海・北陸、中国・四国・九州)に分け、地域にあった施策につなげる。 大学病院の多い東京エリアは、東京病院部を新設する。

続きを読む

アステラス、ファイザー、Ca拮抗薬とスタチンの合剤カデュエットのコプロ終了へ

アステラス製薬とファイザーはカデュエットのコプロを2015年3月31日をもって終了すると発表しました。 10月からはファイザーが単独で販促活動を行い、2015年4月1日で販売をファイザーに移管する。 スタチンのリピトール錠のコプロは続ける。

続きを読む

VART問題、小室氏千葉大に反論送付へ

千葉大学のVART試験問題で、研究責任者を務めた元千葉大教授の小室一成・東京大教授が8日の週に千葉大学に反論を送付する見通しです。

続きを読む

がん拠点病院4割適さず、来春指定取り消しも。

全国407病院のがん診療連携拠点病院の4割が、治療件数などの点で厳格化された新要件を満たしていないことが判明した。

続きを読む

武田薬品、Meiji Seika ファルマ、不眠症薬ロゼレムのコプロ締結

武田薬品とMeiji Seika ファルマは、不眠症薬ロゼレムのコプロモーションをする契約を締結した。 MeijiのCNS領域の専任MR200人が精神科領域を中心に情報提供を行う。

続きを読む

ロシュ、大型買収を否定 中外製薬株取得は否定せず。

スイスの製薬大手ロシュのクリストフ・フランツ会長は、大型買収を実施する可能性はないが、より小規模な買収はあり得ると述べた。

続きを読む

MSD、全国8つのエリア統括者中心の営業体制を導入

MSDは本社主導による疾患領域別営業体制から全国8つ(北海道・東北、北関東・甲信越、神奈川・千葉・埼玉、東京、東海、近畿・北陸、中国・四国、九州)のエリア統括者がそれぞれマネジメントを行う営業体制に変更したことを発表しました。疾患領域別は維持するが、エリア統括者の権限を強化する。

続きを読む

広がる電子カルテ標準化

電子カルテ情報を厚生労働省規格で標準化する動きが全国的に広がっている。 処方・注射歴、検体検査結果、病名登録のデータを医療情報交換の世界標準「HL7」形式で出力可能な病院情報システムであれば、厚労省規格のSS‐MIX標準化ストレージに保存できる。

続きを読む

武田薬品、米国の製造物責任訴訟で6300億円支払い命令

ルイジアナ州西部地区連邦地方裁判所は製造物責任訴訟で武田薬品に対して約6300億円の支払いを、提携して販売していたイーライリリーに対して約3200億円の支払いを命じました。

続きを読む

武田薬品 出版子会社を譲渡

武田薬品は子会社の日本臨牀社の全株式をメディカルトリビューン社に譲渡すると発表しました。

続きを読む

サイト内検索