MRのためのニュース・求人情報サイト

【自民勉強会】早期薬事承認で提言書‐薬価の調整幅維持も要望

【自民勉強会】早期薬事承認で提言書‐薬価の調整幅維持も要望 自民党の製薬産業政策に関する勉強会(衛藤晟一会長)は15日、「創薬力強化に資する医薬品産業振興に向けた提言」を後藤茂之厚生労働相に提出した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、国産ワクチンの早期創出に向けた薬事承認プロセスや治験環境の整備、2022年度薬価改定では調整幅を維持した上で一定幅の措置が必要とした。


 提言では、革新的新薬の創出と医薬品の安定供給体制の整備を実現するために必要となる施策を記載している。
サイト内検索