MRのためのニュース・求人情報サイト

世界のヘルスケア分野におけるモノのインターネット市場は、2030年までに4,807億米ドルの価値が見込まれる|(CAGR)年平均成長率:14%.

世界のヘルスケア分野におけるモノのインターネット市場は、2030年までに4,807億米ドルの価値が見込まれる|(CAGR)年平均成長率:14%. [Panorama Data Insights Ltd.]

Panorama Data Insightsが2022年1月13日に発表した新しいレポートによると、効果的な治療や疾病管理に対する需要の増加、スマートデバイスの採用、自己健康測定への関心、高度でコスト効率の高いIoTソリューションをヘルスケアに導入することによる医療費削減などが挙げられています。
レポートの説明を参照してください -https://www.panoramadatainsights.jp/industry-report/iot-healthcare-market
世界のヘルスケアにおけるモノのインターネット市場規模は、2021年に1478億米ドルであり、2030年には4807億米ドルに達すると予測されています.
2022年から2030年までの予測期間において、世界市場は年平均成長率(CAGR)14%で成長する見込みです.
モノのインターネットでは、物理的なデバイスがインターネット接続を介してデータを交換します. ヘルスケア業界では、モノのインターネットを利用して、個人を特定できる情報、保護された医療情報、その他の種類の機械で生成されたヘルスケアデータを含む電子医療記録を収集、分析、監視しています.患者の予後を改善するだけでなく、医療従事者の負担を軽減することもできます.モノのインターネット(IoT)は、ヘルスケア分野における遠隔監視を可能にし、医師が患者の安全と健康を維持しながら優れたケアを提供することを可能にします.
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000041.000091008&g=prt こちらも興味深い記事でございます。
サイト内検索