MRのためのニュース・求人情報サイト

EAファーマ 全国8支店の固定電話を廃止 くすり相談室が一括で対応 MRは携帯電話で医療者と応対も

EAファーマ 全国8支店の固定電話を廃止 くすり相談室が一括で対応 MRは携帯電話で医療者と応対も EAファーマは4月1日から全国8支店にある固定電話を廃止する。これまで支店で受けていた医薬品に関する医療者や患者からの問い合わせはくすり相談室が一括して受ける。その際、エリアに配属されたMRの関与が求められる案件は、くすり相談室から直接MRに連絡することもあるという。一方、医師や薬剤師が担当MRにコンタクトする場合も想定し、MRに会社が貸与する携帯電話を活用させるほか、名刺に携帯番号を記載するなどで対応する方針だ。

同社は本社(東京都中央区)以外の事業拠点として、北海道支店(北海道札幌市)、東北支店(宮城県仙台市)、関東信越支店(埼玉県さいたま市)、東京支店(東京都中央区)、東海支店(愛知県名古屋市)、関西支店(大阪府大阪市)、中四国支店(広島県広島市)、九州支店(福岡県福岡市)―の合計8支店ある。今回は8支店全ての固定電話を廃止し、医薬品に関する問い合わせをくすり相談室に設置するフリーダイヤルに一本化する。このほか成分栄養剤専用フレーバー、ゼリーミックス、溶解ボトル等の注文専用ダイアル(フリーダイヤル)を設けることにしている。

支店の固定電話には、これまでもエリア内の医療機関や薬局、医師や薬剤師などの医療従事者、さらには患者・消費者からの問い合わせが入ることがあった。今後は医薬品に関する問い合わせについてはくすり相談室が一括して受けることになる。一方で長引くコロナ禍で、医療機関の訪問自粛要請が長期化しており、MRも医師や薬剤師とのコンタクト機会を求めてアポイントメールを活用することがある。これまでは医師や薬剤師から個々MRに向けて製品情報の提供や面談に関する問い合わせが支店の固定電話に入る機会も多々あった。今後は、MRに会社が貸与した携帯電話を活用して医療従事者とのコンタクト機会を確保するほか、くすり相談室に直接もたらされた医療従事者からの問い合わせのうち、担当MRの関与が必要なものについては、本社と連携して対応する考えだ。

なお、4月1日以降の医薬品に関する問い合わせは、くすり相談室(フリーダイヤル0120-917-719)。受付時間は月~金曜日9:00~17:30(土・日・祝日9:00~17:00)。成分栄養剤専用フレーバー、ゼリーミックス、溶解ボトル等の注文に関する問い合わせは、フリーダイヤル0120-980-903(月~金曜日9:00~12:00 13:00~17:00、土・日・祝日は除く)。
サイト内検索