MRのためのニュース・求人情報サイト

モデルナ・鈴木社長 新型コロナの2価ワクチンの開発加速 今秋から冬の国内投入目指す

モデルナ・鈴木社長 新型コロナの2価ワクチンの開発加速 今秋から冬の国内投入目指す モデルナ・ジャパンの鈴木蘭美社長は3月11日に開催したオンラインメディアセミナーで、新型コロナウイルス感染症に対する「2価追加接種ワクチン」の開発を加速させると表明した。新型コロナワクチンの4回目接種を念頭に、今年秋から冬の国内投入を目指す。鈴木社長は、「オミクロン株以降の変異を含め、あらゆる可能性に備える必要がある」と強調した。

◎最強のコンビネーション

2価ワクチンは、既承認のコロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(一般名、国内製品名:スパイクバックス筋注)と、開発中のオミクロン株用ワクチンを含有したもの。鈴木社長は、「いくつかのオプションを並行して確認する中で、現時点で最強のコンビネーションが現行ワクチンを半分、オミクロン用ワクチンを半分含有した2価ワクチン。今秋から冬に皆さまにお届けしたい」と述べた。厚労省と「日々相談している」ことも明かした。

新型コロナワクチンによる感染や重症化を予防する効果は、一般的に時間経過とともに徐々に低下し、接種から5~6カ月後には接種1カ月後と比較して効果が大きく低下するとされる。モデルナは、現在3回目接種が行われていることから、6カ月後となる今秋以降に4回目のワクチンが必要になると予想している。

◎国際医療福祉大・和田教授 重症化リスクある人への3回目接種が急務

同セミナーに登壇した国際医療福祉大学医学部公衆衛生学の和田耕治教授は、モデルナが開発中の2価ワクチンに触れ、「3回目を打たずに、4回目のオミクロン株用成分を含むワクチンで良いのではないかということにならないよう注意が必要」と指摘し、特に高齢者や基礎疾患のある成人など重症化リスクのある人への3回目接種を前向きに検討するよう呼び掛けた。

◎44の新薬開発プロジェクトが進行中

鈴木社長はこの日、モデルナのグローバルの開発パイプラインを紹介した。呼吸器系疾患や免疫腫瘍、循環器疾患、自己免疫疾患、希少疾患などを含む計44の新薬開発プロジェクトが進行中。前年は37プロジェクト、2年前は23プロジェクトで年々増加している。

この中には、新型コロナ、インフルエンザ、RSウイルスの3種混合ワクチンがあり、「23年秋までに提供できるよう開発中」と説明。妊娠前の女性のためのサイトメガロウイルス(CMV)感染症ワクチンはフェーズ3段階にあるとした。

◎メルクと個別化がんワクチンを共同開発 キイトルーダと併用

メルクやアストラゼネカ(AZ)との共同開発品も注目の新薬候補として紹介した。メルクと共同開発している「個別化がんワクチン」は、がん患者1人ひとりから正常細胞とがん細胞を摘出し、ゲノム解析してその違いを特定した上で1つのワクチンに入れ込み、がん免疫療法薬キイトルーダと併用するもの。鈴木社長は、「(開発に成功すれば)革命的にがん治療を変えることができる」と期待を寄せた。モデルナのグローバル開発パイプラインリストによると、開発コードは「mRNA-4157」で、フェーズ2を実施中とみられる。

AZとは心臓発作時の損傷を防ぐ新薬を共同開発している。これは、心筋に局所注射して再生を目的にした局所再生治療薬だという。開発コードは「AZD8601」で、フェーズ2を実施している。
サイト内検索