MRのためのニュース・求人情報サイト

製薬協・MA部会 MSLの目指すべき方向性を公表 「現状と乖離もある」がMSLの役割を会員各社に提示

製薬協・MA部会 MSLの目指すべき方向性を公表 「現状と乖離もある」がMSLの役割を会員各社に提示 日本製薬工業協会・医薬品評価委員会MA部会は7月7日、「MSLの目指すべき方向性」と研修プログラム例を公表した。製薬各社にMSLの資格要件化を求め、その任命要件として医療系資格や生命科学系の博士号(PhD)の保有を考慮するなど一歩踏み込んだ。MSLの前職でMRなど営業部門が半数近くを占めたことなどから、体系的な研修制度の整備を提言。「導入・継続」それぞれの研修プログラム例を示した。さらに手順書の整備を求め、役割、行動規範、営業部門からの独立などを明示する。業務評価指標では、販売・営業関連指標は含めず、活動目標の達成度やプロセス遂行度を指標とすべきとした。MA部会は「現状と乖離している部分もある」としながらも、各社はMSLの役割を再認識して取り組んで欲しいと強調している。

MA部会は2019年にMSL活動の基本的考え方を取りまとめている。その後、一部項目で各社間の捉え方に乖離がみられたとしながらも、会員会社の行動指針策定に使用されるなど、「浸透しつつあることが確認できた」と指摘。MSLとして更に目指すべき方向性を新たに公表するに至った。
サイト内検索