MRのためのニュース・求人情報サイト

国内医療用薬市場 21年に5.4%成長 新型コロナワクチン・治療薬影響大で23年は大幅縮小も 富士経済

国内医療用薬市場 21年に5.4%成長 新型コロナワクチン・治療薬影響大で23年は大幅縮小も 富士経済 新型コロナワクチン・治療薬の売上を含む国内の医療用医薬品市場が、2021年に前年から5.4%成長したことがわかった。21年の市場規模は9兆111億円(販売元出荷ベース)で、前年から約4600億円伸びた。主な増収要因は政府購入の新型コロナワクチン・治療薬の売上が計上されたことだが、前年に受診控えが大きく起こって市場縮小したことも21年の伸び率に影響した。なお、21年の市場規模をコロナ前の19年と比較すると2.9%増となり、金額では約2500億円増となる。22年も21年とほぼ同水準の市場規模となる見込みだが、23年は新型コロナワクチン・治療薬の大幅減を背景に、国内市場も縮小に転じる見通しだ。
サイト内検索