MRのためのニュース・求人情報サイト

アルフレッサとメドピア 医療機関起点の薬局向け処方箋画像事前送信サービス「やくばと」を共同で実施

アルフレッサとメドピア 医療機関起点の薬局向け処方箋画像事前送信サービス「やくばと」を共同で実施 アルフレッサとメドピアは7月27日、医療機関起点の薬局向け処方箋画像事前送信サービス「やくばと」を開始すると発表した。メドピアが7月1日に設立した完全子会社「やくばと」を通じて共同で実施するもの。両社は、「やくばと」の事業拡大に向けた取り組みを行うほか、やくばとの合弁会社化に向けた検討について継続することで合意した。

「やくばと」は、薬局での待ち時間削減やかかりつけ化を推進するサービス。患者自身が、スマホを用いて薬局に処方箋画像を送信し、薬の準備が出来るとSMS(ショートメッセージ)で通知が患者に届くというもの。これにより診察からご自宅に帰るまでの受診行動全体にかかる待ち時間が削減でき、患者の医療満足度の向上につなげることができる。

一方、オンライン服薬指導を希望する際の処方箋は患者の求めに応じて医療機関から薬局に送付できる(2022年3月31日発出事務連絡)ことを踏まえ、「やくばと」では、医療機関から薬局への処方箋画像送付を、より効率的かつ安全に実施することで、オンライン服薬指導普及のハードルとなりうる処方箋受け渡しの煩雑さを軽減することができるとしている。

すでに「やくばと」は、日本医科大学付属病院、日本大学医学部附属板橋病院など4病院に先行導入されている。また、「やくばと」を通じて処方箋受信を希望する薬局も5000店舗を越えているという。両社は、導入店舗数の拡大を今後も図る方針だ。

サイト内検索